出張族ジェイの雑記帳

Always look on the bright side of LIFE.

ロンドンぶらり散歩

ジェイです。

 

2018年初ロンドン。

 

何度足を運んでも、この街は魅力的。ちょっとした風景が絵になるってのがいい。あらゆる風景を切り取りたくなっちゃうのでどんどん容赦なくシャッターをきってしまうのが常なんですが、つくづくデジタルカメラ時代でよかったなと。フィルムカメラ時代だったら1回の訪問でものすごいお金を散財してしまっていたんだろうな。でもフィルムだからこそ、シャッターをきるべき風景に対してのガイドラインがもっと厳しかったのかな。

 

 

歴史がある地下鉄が走っているのがロンドン。駅のデザインがナイス(こちらはピカデリーサーカス駅)。

f:id:bluemt11:20180428131656j:imagef:id:bluemt11:20180428131703j:image

 

ピカデリーサーカス。ユニオンジャックがはためいてました。やっぱり雨のロンドンもええわあ。

f:id:bluemt11:20180428131709j:image

 

トラファルガー広場。絵になりますなあ。

f:id:bluemt11:20180428131731j:imagef:id:bluemt11:20180428131828j:image

 

トラファルガー広場から臨むビックベン。現在改築中なんですよね。

f:id:bluemt11:20180428131842j:image

 

改築中なので本来の姿を見ることはできませんでしたが、この風景を見られるってのもラッキーなのかも。

f:id:bluemt11:20180428131859j:image

 

テムズ川に反射するロンドンアイとウェストミンスター(イギリスの国会議事堂)。ステキな眺めです。

f:id:bluemt11:20180428131917j:image

 

街中をぶらぶらして、Embankment Stationから地下鉄で宿泊先のパディントンに移動。

f:id:bluemt11:20180428131926j:image

 

パディントン駅の雰囲気もイイです。日本の鉄道駅とはまた異なる味がありますね。毎度思いますが、日本人からみるとかなり見にくい時刻表。出発番線がギリギリまで決まらないことが多いからこそなんですかね。でもそんなことなら出発番線がちゃんと決まるような運営をすればイイのにって思っちゃうのはジェイさんが日本人だから考えちゃうんですかね。

f:id:bluemt11:20180428131951j:imagef:id:bluemt11:20180428132012j:image

 

ぶらぶら散歩の後はパディントン駅周辺にある行きつけのパブの一つ”The Fountains Abbey”で寝付けの1杯。ちょっと寒かったけど店内は満席だったので通り沿いのテラス席で一人まったりビールタイム。美味いわ。

 

f:id:bluemt11:20180428132031j:imagef:id:bluemt11:20180428132035j:image

 

ロンドンって人を(少なくとも私を)ほんと魅了しまくってくれる街やね。好きだわ〜。

 

 

RSVP ブリティッシュ・パブへ行こう

RSVP ブリティッシュ・パブへ行こう

 
ロンドンパブスタイル 英国パブカルチャー&建築インテリア

ロンドンパブスタイル 英国パブカルチャー&建築インテリア

 
ロンドンのパブねこ

ロンドンのパブねこ

  • 作者: ヴィッキー・レーン,ティム・ホワイト,尾原美保
  • 出版社/メーカー: グラフィック社
  • 発売日: 2018/01/10
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る