出張族ジェイのひとりごと

出張観光・ランニング・料理・ガジェットのお話

京都出張 -晴明神社 初参拝

ジェイです。

 

今日は日帰り京都出張。少し早めに京都に入ってゆったりランチを楽しもうと思い、直前で新幹線の予約変更をして現地に向かったのですが、なんと打合せの時間を1時間間違えていて結局ランチ抜きで打合せに臨むことに。まあちゃんと前向きな話ができたからいいけどお腹ペコペコ。

 

遅めのランチを食べるべきか悩みましたが、客先から2駅先に行ってみたかった神社があることを思い出したので早速向かいました。

www.seimeijinja.jp

 

晴明神社と聞き、そしてこの鳥居にある晴明紋を見たら頭に浮かぶのは一人しかいませんよね。そう、野村萬斎です。

 

いや、陰陽師安倍晴明です!

f:id:bluemt11:20190516214756j:image
f:id:bluemt11:20190516214733j:image

 

到るところにある晴明紋。この星印と神社の組み合わせはなんかそそるものがありますな。
f:id:bluemt11:20190516214740j:image
f:id:bluemt11:20190516214736j:image

 

手を清めてから参拝です。
f:id:bluemt11:20190516214730j:image

 

こちらが晴明井。

本殿の北には、晴明井といわれる井戸があり、ここから湧く水は晴明水と呼ばれ、晴明の陰陽道の霊力より、湧き出たといわれ、無病息災のご利益があるといわれている[2]

伝承によれば千利休茶会において、この井戸から汲んだ水を沸かし、茶の湯として利用していたといわれ、豊臣秀吉もそのを服されたと伝えられている[2]

この井戸は五芒星(晴明紋)を描き、その取水口がその星型の頂点の一つにあり、立春には、晴明神社神職がその晴明井の上部を回転させ、その年の恵方に取水口を向けるのが、慣わしとなっている。

 (Wikipediaより引用)

f:id:bluemt11:20190516214726j:image

 

こちらが厄除桃。この大きな桃を撫ぜまくって身体に染み込んだ「厄」をすべて吸い取っていただきました。桃に触れた瞬間に感じる神聖なパワー。これですっかり僕は清らかになったと思います。桃は元来魔除けの果物なんですってね。
f:id:bluemt11:20190516214800j:image

 

ありがとうございました。
f:id:bluemt11:20190516214750j:image

 

すっかり清められ、御朱印をいただき、お守りを手に入れて大満足。

f:id:bluemt11:20190517074556j:image

f:id:bluemt11:20190517074611p:image
f:id:bluemt11:20190517074615p:image

 

 

京都駅まではタクシーで移動(約2000円)。ランチ抜きだったので早めの夕食です。京都駅八条口みやこみちにある「とり八」です!

bluemt11.hatenablog.jp


f:id:bluemt11:20190516214747j:image
f:id:bluemt11:20190516214744j:image

 

やっぱ美味いな。京都駅構内に居酒屋があるってのが嬉しいじゃないですか。すっかり火照って新幹線で帰宅しました。

 

出張観光っていいね。