ジェイ散歩 -出張族のひとりごと

出張観光・ランニング・料理・ガジェットのお話

英国出張 -今年4度目のイギリスケンブリッジ

ジェイです。

 

祭日の9/16から今年4回目の英国出張です。今回もビジネスクラスのキャンセル待ちをしていたんですが残念ながら叶わず。こればっかりは致し方ないですな。

 

ひとまずサクララウンジで念願のビーフカレー。やっぱりこのカレーは美味い。これを食べるためにJALに乗っているといっても過言ではないくらい美味い(というのは平民フリークエントフライヤーで、きっとファーストクラスラウンジを日頃使っている貴族の皆さんはそんな事は言わないんだろうなって思っちゃったりもします)。

f:id:bluemt11:20190917063141j:image

 

2杯目は明太子と卵焼きをアテに。これまた美味い。朝ごはんから食べ過ぎましたなこれは。
f:id:bluemt11:20190917063011j:image

 

さて搭乗です。今回の機材はB777-300ER。シートは非常席横の足元広めのタイプ。CAの方が前に座られるのですが、今回は外国人男性だったのでちょっと残念な気分。そして通路の先に見えるビジネスクラスがとても妬ましい。
f:id:bluemt11:20190917063137j:image

 

最初の一杯はここ最近ハマっているジンを選択。個人的にはトニックウォーターではなく普通の炭酸水で割った方がジンを味わえるような気がしているのでこのセットで。
f:id:bluemt11:20190917063017j:image

 

JALの"エコノミー"機内食ANAよりも美味しいような気がします。あくまでも個人的な感想だけど。
f:id:bluemt11:20190917063119j:image

 

JAL吉野家とのコラボをしているのも嬉しいところ。
f:id:bluemt11:20190917063146j:image

 

12時間半のフライトを経てLHR(ロンドン・ヒースロー空港)に到着。8月の英国出張記事にも書きましたが、今年の6月からLHRのイミグレにも自動化ゲートが採用されたので、以前は1時間は当たり前だった入国審査がほんの数分で終わるようになったのは劇的な変化ですね。ランディング3時20分で、ターミナルの外に3時40分にはいられるってのは以前から考えると奇跡的なできことですよ。

 

でも以前のようにイミグレの係官との掛け合いがなくなってしまったのはちょっと寂しい感じがしないわけでもないです。あの「係官のあなたになんでそんなプライベートまで話さなきゃあかんのよ!」って感じのアレ。思い出すと懐かしいな。
f:id:bluemt11:20190917063200j:image

 

ヒースロー空港からはヒースローエクスプレスでパディントンへ移動。
f:id:bluemt11:20190917063105j:image

 

MIND THE GAPがイギリスにいるんだなと、俄然気分を盛り上げてくれます。
f:id:bluemt11:20190917063007j:image

 

エクスプレスに乗るとパディントンまでは15分。料金は高めですがあっという間で楽ちんでいい。
f:id:bluemt11:20190917063042j:image

 

運河に浮かぶ船のお店にはいつか行ってみたいなと思ってます。
f:id:bluemt11:20190917063207j:image

 

パディントンからキングスクロスまでは地下鉄Hammersmith & Circle Lineで移動。さすがロンドンターミナルのひとつ、いつ来ても大きなキャリーバッグを転がしている人がたくさんです。
f:id:bluemt11:20190917063114j:image

 

東京とは違ってロンドンの中心にいるのにこののんびりした感じがいい。まあシティに行ったらもっと違う雰囲気なんだけど、このまったりしたところよくないですか?
f:id:bluemt11:20190917063052j:image

 

駅前に佇むおじさん。個人的にはかなりフォトジェニック。
f:id:bluemt11:20190917063029j:image

 

キングスクロス駅は言わずとしれたハリーポッターのプラットフォーム9 3/4があるところです。マグルの僕には行けませんが、そちらの素質がある方はここからホグワーツへ行くことができるということです。ちなみに写真スポットは平日月曜日の午後という時間ではありましたが100人くらい行列していました。ハリポタ人気は不滅ですね。
f:id:bluemt11:20190917063035j:image

 

イギリスの電車は出発前になるまでプラットフォームが確定しないのが常。よってこのように小さい文字で書かれた電光掲示板をみんな今か今かと眺め続けるのが電車乗車前のスタイルです。
f:id:bluemt11:20190917063133j:image

 

無骨な特急電車たち。駅構内のアナログ時計がいい味出しています。
f:id:bluemt11:20190917063110j:image

 

キングスクロスからは1時間弱でケンブリッジ到着です。この段階で気温が15℃。日本を出たときには30℃くらいだったのでかなり肌寒く感じます。
f:id:bluemt11:20190917063153j:image

 

ホテルにチェックインして移動中に溜まっていたメールの処理などをしていたらまもなく午後8時。慌ててホテル横にあるStation Tavernにてフィッシュアンドチップスとビール。賛否両論ありますが、僕はイギリスの食事は結構口に合うのです。というか、それほどまずいものはないと思うんですよね。まあいくつかイギリス独自のメニューってのは「ぐえっ」となることはありますが、それって日本人にとっての納豆とかのようなものなのかなと思うのです。つまり何がいいたいかというと、フィッシュアンドチップスは美味いです。この柔らかい白身魚。これとタルタルソースを一緒に頬張ったら悶絶しちゃいますよ。絶対に。
f:id:bluemt11:20190917063045j:image

 

いつもの通りひとり飯なので食事しながら店内をパシャパシャ。
f:id:bluemt11:20190917063125j:image
f:id:bluemt11:20190917063001j:image

 

その後遅れてやってきた同僚が合流したのでジンで〆。ローカルジンがないとのことだったので店員女性(ロンドン出身)がおすすめのロンドンジン(でもその人は飲んだことないけどって笑ってた)。香りが鋭くて美味い。冒頭にも書きましたが最近すっかりジンにハマっているのでもっと極めていきたいなって思ってます。ちなみに下の写真に写っているボトルは炭酸水で、おすすめしてもらったジンの名前は確認し忘れました。
f:id:bluemt11:20190917063059j:image

 

部屋に戻る前にSainsbury'sで少しだけお酒を調達。この日はジントニックだけ飲んで終了です。
f:id:bluemt11:20190917063023j:image

 

明日から2日間のテクニカルトレーニング。アジェンダを見ると朝から夕方までみっちり詰まっているので息が抜けない感じですが、将来の飯の種になりそうな新しい技術の習得のためってことで気合い入れて臨みたいと思います。

 

No.3 ロンドン ドライ ジン 700ml 46度 [並行輸入品]

No.3 ロンドン ドライ ジン 700ml 46度 [並行輸入品]