ジェイ散歩 -出張族のひとりごと

出張観光・ランニング・料理・ガジェットのお話

ガジェット -ITOYA(伊東屋)のペンジャケット

ジェイです。

 

久々のガジェットレポート。

実は僕、文房具が大好きでして。特にペンとノートが好きなのでしょっちゅう新しい物に手を出してしちゃっています。最近はいい歳になってきたので以前ほどのアグレッシブさはないものの、それでもついつい目に留まった「いいな!」ってものがあると我慢ができなくなってしまいます。

 

ところでみなさんはこちらのペンをご存じですか?ぺんてる(Pentel)が販売している「プラマン(プラマン一覧|商品紹介|ぺんてる株式会社)」という水性インクのプラスチック万年筆です。非常に書きやすくて超オススメのペン。こちらの単価は1本200円。使い捨てのペンとしてはちょっとお高めかもしれませんが、得られる書き味は本当に素晴らしいものです。未体験の方は一度文具店で試し書きしてみてください。損はさせません。

f:id:bluemt11:20200208214707j:image

 

ベタ褒めのプラマンですが、もちろんそのままでも十分に書き味を楽しめます。しかし一方、安っぽい感じがしちゃうのは否めません。そんな不満足な部分を一気に解消するアイテムが文房具店の名門である伊東屋(ITOYA)から発売されているのです。その名も「ITOYA 110 ペンジャケット→(3本がバージョンアップするペンジャケット(前編) : 表現の道具箱)」です!200円のペンに5500円もするジャケットを装着するなんて酔狂なことを・・・とお思いの方も多いかと思いますが、そんなことを平気でやれちゃうのが文房具好きのいいところなんですよね。ってことで早速ポチりました。
f:id:bluemt11:20200208214700j:image

 

開封。箱の中には素晴らしいディテールの逸品。
f:id:bluemt11:20200208214652j:image

 

分解するとこんな感じになります。写真右から2番目のアジャスターを変えることで、プラマン以外に2種類のぺんてるロングセラー筆記具を装着することが可能になります。
f:id:bluemt11:20200208214717j:image

 

プラマン黒インクが1本装着された状態で出荷されてきました。ありがたや。
f:id:bluemt11:20200208214645j:image
f:id:bluemt11:20200208214656j:image

 

今回はITOYAウェブで名入れもしていただき、僕だけの1本が完成と相成りました。字を書く機会が減ってきた昨今、字を書く喜び、字を書くことの楽しみを味わえるのはとても幸せなことのように感じます。小確幸の極みです。

 

早速書いてみました。達筆じゃないですが本人的にはとても気持ちよく書いたんですよ。
f:id:bluemt11:20200208214713p:image