出張族ジェイのひとりごと

出張族ジェイがオススメする出張先情報と朝ラン風景をまとめたブログです.

横浜散歩 - うえむらやのキャベ玉ラーメン

ジェイです。

 

港町横浜。いまから19年前、この街に引っ越してくるまではそんなイメージを強く抱いていたものでしたが、いざ足を踏み入れると、港町のイメージは海が近い一部のエリアのみであって、大半は起伏の激しい山を切り開いた住宅地が本当の横浜なんだと思い知らされるのです。

 

そう、横浜は海の街よりも山の街。そして住宅地。

 

だから結構田舎臭いというか地方都市っぽい場所が大きな駅があるエリアをちょっと離れるだけで一気に展開されるのが面白い。この日はそんな港北エリアにある「横浜ラーメン厨房 うえむらや」に初潜入。車が無いとちょっと足を運びにくい場所ですが、新横浜駅からIKEA行きのバスに乗り、IKEAで下車してから徒歩で15〜20分かな。IKEAバスをそういう使い方して良いのかどうか知りませんが。。

 

まっとうな訪問方法としてはJR横浜線鴨居駅から徒歩かも。それでもやっぱり15〜20分はかかるから車がベストであることには変わりないかと思います。

f:id:bluemt11:20190423061528j:image
f:id:bluemt11:20190423061522j:image
f:id:bluemt11:20190423061542j:image

 

お昼時ということもあってかなりの賑わい。10分ほど待って着席。このお店は下の写真右上にある登録商標にもなっている「キャベ玉ラーメン」が人気のお店。結構ボリュームがありそうだけど、初めてのお店では人気のメニューを食べるべきでしょ!ってことで迷わず注文。一緒に行った同僚の「この店、カレーライスも人気なんだよ」という悪魔の囁きにも素直に反応して「ミニカレー(300円)」も一緒に注文しました。合計1100円というちょっと贅沢なランチ。
f:id:bluemt11:20190423061535j:image

 

どどん!とやってきました。ラーメン丼の中央にどすんと構えるキャベツの存在感が半端ない。そしてミニカレー。ミニというのは名前だけでしっかりとしたボリュームです。
f:id:bluemt11:20190423061525j:image

 

中央に据えられたキャベツは柔らかく茹でられているものの、歯ごたえはしっかりしていてシャキシャキ。家系スープと相まってパクパク食べられるので、見た目のボリュームに相反してあっという間に食べ切れてしまいます。これはうまいわ。ちなみにスープは家系と言いながらも比較的あっさり味なので、味が濃い料理はちょっと苦手という方も安心して食べられると思います。
f:id:bluemt11:20190423061532j:image

 

カレーライスはいわゆる家庭の味。だからこそなのかとても安心して食べられるのがいい。この味は万人受けするはずだな。ラーメン屋さんなのに「カレーライス」だけを注文しているお客さんが散見されるのは要注目ですよ。
f:id:bluemt11:20190423061538j:image

 

ボリューム的にはちょっと多めでしたが、美味しくいただくことができました。今の生活エリアから考えると簡単に足を運ぶことはできないけど、車で横浜港北あたりに来た時にはまたぜひ立ち寄ってみたいお店です。

 

やっぱり家系はいいなあ。

京都出張 -とり八の絶品鳥料理

ジェイです。

 

16連休明けの1週間。ものすごく多忙な毎日を過ごしました。まさに怒涛の毎日で心も体も擦り切れてしまったので癒しが欲しい。ってことで、今日の大阪出張の折に京都駅で途中下車してみやこみち(京都駅八条口)にある「とり八」に行ってきました。多分数年ぶりの訪問。とても懐かしいドキドキワクワク気分はティーンネージャーですよ。

f:id:bluemt11:20190419180210j:image

 

入店は16:40。テーブル席にはまだお客さんなし、カウンターに2人連れが3組とピンのお客さんが2人という状況でした。僕もカウンター席に着席してまずは瓶ビールを注文。お通しはかぼちゃのサラダでした。美味い。
f:id:bluemt11:20190419180224j:image

 

まずは「ぽんから」を注文。これは鳥の唐揚げをポン酢で食べるというとてもシンプルなメニューなんだけど、とり八は鳥料理専門店だけあってこの唐揚げが美味い!外はカラッと揚げられているんだけど中はとてもジューシー。そんでもって皮がいい。こちらも表面パリパリで中はジューシーで一口噛むと滴る脂が堪らない。この絶品唐揚げを爽やかなポン酢に浸して食べることを想像するだけでヨダレものでしょ?
f:id:bluemt11:20190419180220j:image

 

2品目は鳥肝煮(写真奥)。甘く味付けされていて噛めば噛むほど旨味が溢れ出る逸品。
f:id:bluemt11:20190419180246j:image

 

3品目に馬の肝のつくりを注文。1600円とちょっとお高いですが、レバ刺しが気軽に楽しめなくなった今となっては貴重な鉄分補給源。塩ごま油に浸して食す生レバーは何物にも変えがたいですね。
f:id:bluemt11:20190419180214j:image
f:id:bluemt11:20190419180228j:image

 

800円だったら2皿食べちゃうなコレは。
f:id:bluemt11:20190419180237j:image

 

最後は串焼きで〆。奥が砂ずり、手前が鴨葱塩串。まさに鴨葱。美味いわぁ。
f:id:bluemt11:20190419180234j:image

 

そして皮。堪らんねこりゃ。
f:id:bluemt11:20190419180243j:image

 

このお店はランチタイムもお得です。写真左上にあるのがランチメニューですが、ぽんからか山椒焼をぜひ頼んでください。損はさせませんよ!

f:id:bluemt11:20190419194407j:image

ガジェット: ナノブロック

ジェイです。

 

かなり以前に入手したもののずっと放置していたナノブロックを組み立ててみました。今回挑戦したいアイテムはこの2つ。

 

ナノブロック ビール NBC_245

ナノブロック ビール NBC_245

 
ナノブロック パンケーキ NBC_228

ナノブロック パンケーキ NBC_228

 

 

どちらもとても完成度が高い。大人が作れば難しくはないですが、それぞれ20分ほどは集中して作業できる楽しさがありました。

 

まずはパンケーキから作業開始。

f:id:bluemt11:20190414152820j:plain

パンケーキは全部で130ピース、難易度は5段階中の3

 

ナノブロックという名前の通り、とても細かいピースが多いので大人の大きな指では最初ちょっと手こずるかもですが、なれてしまえばチョチョイのチョイ。楽しく作ることができます。そしてこちらが完成版。パンケーキの上にドスンと構える大振りにカットされたバター、そしてとろけるメープルシロップ。よだれが出てくるほどの完成度。

f:id:bluemt11:20190414152814j:plain

かぶりつきたいくらいにうまそうなパンケーキ

 

 

そして続いて生ビール。

f:id:bluemt11:20190414152806j:plain

こちらは180ピースあるけど、難易度は5段階中の2

 

こちらは繰り返しの作業が多いので、ピースが多い割には簡単です。根気よく説明書通りに組み上げていけばあっという間に完成。

f:id:bluemt11:20190414152800j:plain

すぐにでも飲み干してしまいたい完成度

 

滴る真っ白な泡のディテールに、思わず喉が鳴ります。それぞれAmazonで600円程度で販売されているので、集中力アップも兼ねて是非挑戦してみてはいかがでしょうか。その他いろんな気になるアイテムもあるので、書斎の机やオフィスのデスクなどを彩るアイテムとしてもいいんじゃないかな。

 

 

ナノブロック nanoblock NBH_189 東京駅丸の内駅舎

ナノブロック nanoblock NBH_189 東京駅丸の内駅舎

 
ナノブロック キャラナノ 「チコちゃんに叱られる!」 チコちゃん CN-01

ナノブロック キャラナノ 「チコちゃんに叱られる!」 チコちゃん CN-01

 
ナノブロック 光ファイバーLED + マーライオン NBH_158

ナノブロック 光ファイバーLED + マーライオン NBH_158

 
ナノブロック 盆栽 松 デラックスエディション NB-039

ナノブロック 盆栽 松 デラックスエディション NB-039

 
ナノブロック I'm Doraemon ドラえもん (ドラえもんの座りポーズver.) NBCC_074

ナノブロック I'm Doraemon ドラえもん (ドラえもんの座りポーズver.) NBCC_074

 

 

ガジェット: 無印良品のポータブルアロマディフューザー

ジェイです。

 

先日ネットサーフィンしている時に見かけた、無印良品のポータブルアロマディフューザーを購入しました。

ポータブルアロマディフューザー | 無印良品

 

型落ち品なのか、なぜか30% OFFで販売されていたので即買い。アロマオイル付きなのに、単品で売られているものよりもかなりお得に手に入れることができました。ちなみに付属のアロマオイル(10ml)はグレープフルーツのみでしたが、良い香りなので問題なし。

f:id:bluemt11:20190412111807j:image

 

早速開封してみました。内容は、ポータブルアロマディフューザー本体、充電用USBケーブル、交換用フォルダー、携帯ポーチ、そしてこのセットのみのアロマオイル。お誕生日クーポンと合わせて約3000円で買えたので良いお買い物です。
f:id:bluemt11:20190412111803j:image

 

ディフューザー本体はくるっと回す(反時計回り)と上下がセパレートされる構造。中心部分にフェルト生地のオイルスポットがあるフォルダーをセットする仕組みです。
f:id:bluemt11:20190412111826j:image

 

早速2滴のアロマオイルを垂らして本体にセット。
f:id:bluemt11:20190412111811j:image

 

この状態は電源オフ。先程本体を開封するのとは逆に捻ると中央部分にある横長の窓が開きます(時計回りに回転させる)。
f:id:bluemt11:20190412111821j:image

 

LEDランプが転倒して電源オンであることを知らせてくれます。開いた窓の部分に鼻を近づけてみると、仄かにグレープフルーツの香りが漂ってきます。これはイイぞ!ちなみに2時間オートオフ機能が付いているようなので、付けっ放しにしてしまっても安心です。
f:id:bluemt11:20190412111758j:image

 

付属の携帯ポーチにはアロマオイルも一緒に持ち運べるような工夫がされているので、ポーチ内で本体とオイルの小瓶がガチャガチャすることを防いでくれそうです。
f:id:bluemt11:20190412111816j:image

 

本体とオイル小瓶を収納した状態(USBケーブルと交換用フォルダは入れてません)。とてもスッキリしているので、外出時にカバンに忍ばせておいても邪魔にならないサイズです。公式サイトによると本体重量はたった170g!
f:id:bluemt11:20190412111754j:image

 

宿泊を伴う出張の際、ホテルのデスクでこのディフューザーを使ったら、かなり快適になりそうな予感。これはイイものを手に入れたなって感じです。お仕事するのが楽しくなるようなグッズって本当に素晴らしいですな!

 

 

ガジェット: ハイドロフラスクのボトル(Hydro Flask)

ジェイです。

 

前からずっと気になっていて、買おうかなと思ってもなかなかポチれず、羽田空港にあるショップで実物を確認してレジに行こうと手に取ったものの、やっぱり何だか踏み切れずそのまま棚に戻し…ということを繰り返していたハイドロフラスクのボトル。

 

先日、Amazonのサイトを眺めていたらオリーブカラーのボトルだけがなぜか安くなっていたので即ポチ。ついに買ってしまいました。やっぱり気になるものはその時に手にするのがいいんでしょうね。悩んでいる時間がもったいないから。

 

 

今回は通常品ではなく、ベンツのスリーポインテッドスターが印刷された商品を購入。なぜならセレブ感があるかな。ただそれだけ。

f:id:bluemt11:20190411154816j:image
f:id:bluemt11:20190411154812j:image

 

容量は16oz(473ml)。スタバだとちょうどグランデサイズ(470ml)くらいです。マイボトル持参だと20円引きになるのでお得なんだよね。

 

ちなみにベンツマークなしの通常品ももちろんありますので、気になる方はチェック!ハイドロフラスク、なんでもハワイで大人気で世界中に広がっているみたいですよ(ハワイ行ったことないから知らないけど)。

グアムやハワイで人気のハイドロフラスクのことを伝えたい。お土産にもいい◯ - いいもの、いい場所を伝えたい。

 

お洒落なボトルでお出かけしちゃいましょう!

 

追記:ポチったアタッチメントが早速届きました。これで運転中に温かいドリンクを飲む時など安心できそう。

f:id:bluemt11:20190412114557j:image
f:id:bluemt11:20190412114606j:image
f:id:bluemt11:20190412114602j:image

 

Hydro Flask(ハイドロフラスク) COFFEE_ワイド_12oz 354ml 10ラバ 5089031 10ラバ

Hydro Flask(ハイドロフラスク) COFFEE_ワイド_12oz 354ml 10ラバ 5089031 10ラバ

 
Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION_スタンダード_12oz 354ml 04コバルト 5089011 04コバルト

Hydro Flask(ハイドロフラスク) HYDRATION_スタンダード_12oz 354ml 04コバルト 5089011 04コバルト

 
Hydro Flask(ハイドロフラスク) BEER_グラウラー_32oz 945ml 20ブラック 5089055 20ブラック

Hydro Flask(ハイドロフラスク) BEER_グラウラー_32oz 945ml 20ブラック 5089055 20ブラック

 
Hydro Flask(ハイドロフラスク) ビア_トゥルーパイント_16oz 473ml 27ミント

Hydro Flask(ハイドロフラスク) ビア_トゥルーパイント_16oz 473ml 27ミント

 
Hydro Flask(ハイドロフラスク) COFFEE MUG_12oz 354ml 20ブラック 5089231 12oz

Hydro Flask(ハイドロフラスク) COFFEE MUG_12oz 354ml 20ブラック 5089231 12oz

 

 

 

ガジェット: KALDIのコーヒーミル

ジェイです。

 

二回連続でガジェットレポート。

前々から欲しいなと思っていたハンディタイプのコーヒーミルを本日購入しました。

こういうものって悩んでいるよりも、ふと立ち寄ったお店で見かけて買っちゃったりするのが良いのかな。今日は妻を待っている間にたまたま入ったかKALDIでオリジナルのハンディータイプ製品が売られていたので即買いした次第です。お値段2700円(税別)。

 

以下にあるような金属製のミルが見た目もクールで良いかなと思ったんだけど、こういうのは一期一会で出会い、つまり縁を大切にするのが良いかなと思い即決しました。ちなみに以下にあるHARIOの商品もKALDIと同じ価格で売られていました。

 

コーヒーミルを買ったからにはコーヒー豆もいるってことで、KALDIオススメの豆「ツッカーノブルボン」を200g一緒に購入。

f:id:bluemt11:20190410171848j:image

 

早速開封。中身はいたってシンプル。ミル部分とアーム部分のみ。あとは取り扱い説明書。f:id:bluemt11:20190410171851j:image

 

アームは六角レンチのように天頂部に嵌め込んで使用します。
f:id:bluemt11:20190410171905j:image

 

アーム部分にはLet’s go on the Coffee Journeyと刻印されています。
f:id:bluemt11:20190410171844j:image

 

アームはこのように滑り止め用のラバースリーブに固定することができます。保管するときにコンパクトになる設計は、上で紹介した高い商品と同じですね。高い商品買う必要ないかも。
f:id:bluemt11:20190410171900j:image

 

分解するとこのようになります。赤矢印の部品がセラミック製のグラインダー。金属臭がないからイイ!って書いてあったけど、金属臭をコーヒーで感じたことがないから単なる売り文句なのかもです。敏感な方にはポイントになるかもしれません。そして黄矢印の部品がグラインダー部分を固定するためのもの。こいつの締め具合で豆の挽き具合を調整します。
f:id:bluemt11:20190410171856j:image

 

早速豆を挽いてみました。加減がわからないので計量カップ2杯分(20g)で。ラバースリーブがあるので左手でグッと握りながら右手で挽くというスタイルでもとても安定しています。もともと少量しか挽けない商品なので疲れることなく楽しく作業できるのがいいですね。そしてミルの蓋を開けた途端に広がる挽きたてのコーヒーの香りが堪らない☺︎

f:id:bluemt11:20190410171930j:image

 

ツッカーノブルボンは少々酸味が強めのコーヒーなのかな。そうだとしたらその通りのとてもよい味のコーヒーを淹れることができたということでしょう。ご飯前のおやつタイム。大好きなキャラメルコーンとの相性もバッチリで至福の時間を過ごすことができました。

f:id:bluemt11:20190410171935j:image

 

普段、自宅ではネスプレッソのコーヒーを楽しんでいたのですが、これからはたまに自分で淹れるコーヒーを楽しむ時間を作っていこうと思います。何事も自分でやるのが楽しくていいやね。

 

追伸:豆の量を加減しながら再び淹れてみました…美味い!ものすごく美味い!!こうやって色々と道具や豆に拘るようになるのかなと、ちょっと怖いけど、美味いものは美味い!紅茶もいいけどコーヒーもやっぱイイね。

 

 

東ハト キャラメルコーン 80g×12袋

東ハト キャラメルコーン 80g×12袋

 

 

 

ガジェット: iPad用キーボードカバー(inateck)

ジェイです。

 

本日は久々にガジェットの紹介。

iPad用のキーボード付きカバーです。僕が使っているのは2017年モデルのiPadiPad Pro 10.5 inch)なので、Apple正規品を購入しようとサイトを見てもすでに取り扱いがない(もしくはサイトの深いところにはあって見つけられないだけかも?)なので、ネットサーフィンをしてこちらの商品を見つけました。

 

 

 

インターネット上の評価によると、使い勝手はApple純正が一番イイ。でもコスパで考えるならこれということである意味イチオシ商品として推されている模様。これは買うっきゃない!だって純正は2万円近くするのに、inateckのキーボードだと4000円くらいで買えちゃうんだもん!

 

早速届きました。

f:id:bluemt11:20190409130032j:image

 

開封するとこんな感じ。バッテリー内蔵なんですがかなり軽いです。実測すると重量は328g。iPadと合わせると837gでした。1kgを切っているので、PC持っていない状況であれば許容できる重さかな。
f:id:bluemt11:20190409130011j:image

 

プラスチック製のキーボードです。キータッチは個人的には問題なし。少しピッチが狭いのは仕方ないですが、すぐに慣れちゃいます。反発具合もいい感じ。長時間タイプしていても疲れないし、タイプしている感じも滑らかでこれはイイぞ。
f:id:bluemt11:20190409130036j:image

 

キーボードはUS配列のみのようです。僕は普段からUS配列なのでウェルカムですが、いつも日本語配列を使われている方にはちょっと抵抗あるかもしれませんね。
f:id:bluemt11:20190409130020j:image

 

カバー部部にマグネットがついていて、タイピングする際の画面角度を2種類から選択可能。マグネットの強度も十分で軽く触る程度では全く動きません。超安定。
f:id:bluemt11:20190409130016j:image
f:id:bluemt11:20190409130024j:image

 

折りたたむことでいわゆるタブレットモードにもなります。キーボード部分があるので若干厚みはでるものの、この程度なら許容範囲でしょう。およそ27mmくらいかな。
f:id:bluemt11:20190409130028j:image

 

相変わらず文才はないけれど、文章を書くのは好きなので、このキーボードで駄文を量産し続けていきたいと思います。お仕事のメモもこれでいけるかも!?PCなしの生活したい!!

 

 

山北散歩 -鉄道公園の桜まつり

ジェイです。

 

16連休10日。今日はどうしても我慢ができなくて二宮町まで車を走らせて「くるまやラーメン」でランチ。やっぱり美味いな。味噌ラーメンの最高峰。

bluemt11.hatenablog.jp

f:id:bluemt11:20190408151408j:plain

 

くるまやの焼餃子も最高なんだよな。

f:id:bluemt11:20190408151359j:plain

このレシピを知りたい!くるまや至高の餃子!!

 

くるまやと言えば味噌。なのに醤油やとんこつを注文する人がいるのが個人的には不思議でならないんだよなあ。個人の嗜好なので文句を言う筋合いはないけどさ。あと天下一品であっさり注文する人ね。食べたことないからその味についてはなんの知識もないけど、あっさりした中華そばを食べたいのなら天下一品に来なきゃいいのにな…って思うんだ。

 

ま、いいや。とにかく、くるまやの味噌ラーメンは最高。これ本当。

 

美味しいラーメンと餃子を堪能したあとは、ちょっと寄り道して桜の世界へ。桜の名所である山北町の鉄道公園に行ってきました。

 

山北町は今年の2月にミニバスの試合のために訪問した時にブラブラして、そのノスタルジックな雰囲気が気に入った場所。この駅周辺の桜並木がとてもキレイで圧巻。また単線で運行している御殿場線JR東海管轄)の短い編成の電車が更にノスタルジックな雰囲気をアップ。

bluemt11.hatenablog.jp

 

f:id:bluemt11:20190408135834j:image

 

SLと桜。
f:id:bluemt11:20190408140012j:image

 

公園脇の道を進むと、鉄路を跨ぐ橋がいくつかあるのでそこを目指します。散り始めていますが、まだまだたくさんの桜が花を付けていてよかった。間に合ってよかった。
f:id:bluemt11:20190408135934j:image

 

住宅街の桜はちょっと葉が目立ち始めてたけど、道路を染める散った花びらがとてもいい雰囲気だ。寄り道して良かった。
f:id:bluemt11:20190408135941j:image

 

桜のピンク、芝の緑、線路。素晴らしい眺めだ。おそらく土日はかなりの人出で賑わったのでしょうけど、平日月曜日ということもあってカメラを構えている人はほんの数人。あとは僕と同じくスマホで撮影する人たちだけ。合計10人くらいしかいないからほぼこの風景を独占できる幸せ!
f:id:bluemt11:20190408135844j:image
f:id:bluemt11:20190408135921j:image

 

御殿場線は1時間に1本(上下線で合計2本)なんだけど、ちょうどいいタイミングに沼津行の電車がやってきました。シャッターチャンス!
f:id:bluemt11:20190408135915j:image
f:id:bluemt11:20190408135900j:image

 

時刻表を確認すると次は10分後の国府津行。ぶらぶらと別の橋に移動。
f:id:bluemt11:20190408135828j:image

 

先程とは別の場所から撮影した1枚。この桜は圧巻ですね。こりゃすごいわ。本当に来てよかった。
f:id:bluemt11:20190408135927j:image
f:id:bluemt11:20190408135956j:image

 

今日は日曜日と比べるとかなり冷え込んで、お天気的にはイマイチだったけど、来年はちゃんとカメラを持ってこの場所に戻って来たいなと思いました。

 

*この記事に使っている写真はすべてiPhoneXのポートレートモードで撮影しました。

appllio.com

小田原散歩 -春のお祭り

ジェイです。

 

日曜日はかなりのポカポカ陽気でした。この日は地元の氏神様のお祭りで、朝からお祭りのお手伝い。

f:id:bluemt11:20190407203947j:image
f:id:bluemt11:20190407203918j:image

 

午前中は地元こども会が出す「こどもお神輿」の付き添いでぐるりと街を一周。なんやかんやで2時間半ほどのお散歩。
f:id:bluemt11:20190407203959j:image
f:id:bluemt11:20190407203942j:image

 

このお祭りはそれほど人出が多くはないと思うんだけど、毎年ちゃんと露店が並ぶんだよな。それにしても露店での売り物の値段が昔に比べると格段に高くなったなと思いませんか?射的のようなものが1回500円。そんでもってもらえるのがプラスチックでできたちょっとしたおもちゃ。100円ショップで2個100円で売っているようなやつだもん。あれじゃいくら楽しいからってもったいなくてやれないよね。あと焼きとうもろこしも1本500円。ありえないくらい高い。お祭りはワイワイ楽しく露店でゲームしたり買い食いしたりのはずなのに、射的して2つ食べたら1500円だもんね。テキ屋の人たちも生活掛かっているから仕方ないのかもしれないけどさ。逆張りして射的1回200円にしたり食べ物もせめて300円にしたら、3〜5倍位お客さん増えるんじゃないのかな。
f:id:bluemt11:20190407203858j:image

 

 

午後は本社神輿の出番。子供たちも再度こどもお神輿で参戦。午前は台車に乗せて練り歩いたのですが、午後は実際に担ぎながら練り歩きました。

 

そして最後は海岸へ。いわゆる「浜降り」ってやつ。
f:id:bluemt11:20190407203902j:image

 

大きな本社神輿が海に入っていく姿は迫力があって壮観。
f:id:bluemt11:20190407203936j:image
f:id:bluemt11:20190407203924j:image
f:id:bluemt11:20190407204005j:image

 

海岸から神社に戻り、木遣を唄い、本殿に向かってお神輿を担いだまま一気に走りる!
f:id:bluemt11:20190407203931j:image
f:id:bluemt11:20190407203911j:image
f:id:bluemt11:20190407204015j:image

 

かなりの迫力。一日仕事で疲れちゃいましたがとても良い経験ができました。お祭りの最中いろいろと気になったことがあったのでインターネットで調べてみたんですが、小田原のお神輿のスタイルは「小田原担ぎ」といって確立されたものがあるようですね。

odawalab.com

 

大変だったけど良い一日でした。

小田原散歩 -桜

ジェイです。

 

春ですね。どこもかしこも桜が満開でとても美しい風景に囲まれ、人々もみんなとても幸せそうな季節。2週間のサバティカル休暇中、家族旅行で訪れた広島でもきれいな桜を愛でることができましたが、やはり地元で愛でる桜が好きです。観光地でも何でもない場所に咲く桜、そして観光地としても名高い小田原城址公園の桜。どちらも素晴らしい眺めで心が癒やされます。

 

まずは近所の桜。数分歩いたところにある名もなき桜の木々。でも十分に美しいこの眺めを堪能できます。

f:id:bluemt11:20190406143611j:plain

f:id:bluemt11:20190406143618j:plain

f:id:bluemt11:20190406143625j:plain

名もなき桜の木々

 

地面に目を凝らすと可愛らしいコラボレーション。上ばかり見ていてはダメですね。

f:id:bluemt11:20190406143632j:plain

たんぽぽと桜の花弁

 

そしてさらに数分歩いたところにある国立印刷局周辺の桜。毎年2日間だけ工場内が一般開放されるのですが、今年の開放日は帰省中だったため残念ながらスケジュールが合わず。でも周辺にもたくさんの桜の木々があり美しい風景を楽しむことができます。

f:id:bluemt11:20190406143638j:plain

富士山と桜

 

そして近所の小川沿いの桜。目黒川など有名な桜とは規模が違いますが、人も少なくてきれいな桜を独り占めできるのがいいところ。

f:id:bluemt11:20190406143645j:plain

 

 

今日は朝から小田原城址公園に行ってみました。さすがに名のしれた観光地なので、かなりの観光客でごった返していました。でもこうして色々なエリアの方々が自分が暮らしている街に観光で来ていただけるってのは嬉しいことですね。

f:id:bluemt11:20190406143652j:plain

 

小田原城址公園内で一番のお気に入りは「こども遊園地」。最近は長年活躍してきたメリーカップが老朽化により撤去されてしまい、遊べる施設が更に減ってしまった状況ではありますが、この寂れた感じがノスタルジックでよいのです。ちなみに我が家の娘達もここはお気に入りで、特にバッテリーカーには過去数え切れないほど乗ってきました。

f:id:bluemt11:20190406143701j:plain

f:id:bluemt11:20190406143707j:plain

ノスタルジックな雰囲気のこども遊園地周辺

 

そしてもちろんお城と桜のコンビネーション。

f:id:bluemt11:20190406143714j:plain

f:id:bluemt11:20190406143720j:plain

f:id:bluemt11:20190406143726j:plain

青空とお城と桜のコンビネーション

 

城址公園内には他にもきれいな桜が盛りだくさんです。本数的にはそれほどではないはずですが、やはりお城が醸し出す雰囲気で壮大さについてはかなりアップしているんじゃないんかなと思います。

f:id:bluemt11:20190406143733j:plain

f:id:bluemt11:20190406143739j:plain

f:id:bluemt11:20190406143746j:plain

 

最後はお堀端通り商店街の風船。ここは季節ごとにその時期にあった可愛らしい風船で飾り付けられるのでいつも目で楽しませてくれます。今の時期は桜と、小田原が押している忍者(風魔忍者)でした。小田原の街を作った北条氏を影で支えていたという風魔忍者。新しくNINJA館なる施設もできるようですね。

odawara-hakone.keizai.biz

 

f:id:bluemt11:20190406143753j:plain

季節ごとに目で楽しませてくれるお堀端商店街の風船

 

既に満開の小田原城址公園。お時間がある方は明日にでも来てみてはいかがでしょう?新鮮な海鮮物ももちろん、小田原おでんやジェラートアイスなど城址公園内でいろいろと楽しめますよ。