ジェイ散歩 -出張族のひとりごと

出張観光・ランニング・料理・ガジェットのお話

ガジェット: SONYオープンイヤータイプイヤホン SBH82D

ジェイです。

 

ずっと昔にこちらのブログで骨伝導イヤホンを紹介しました。

ガジェット: 進化する骨伝導技術 -TREKZ TITANIUM - ジェイ散歩 -出張族のひとりごと

 

こちらはいまでもランニングの時に愛用しているのですが、1時間程度のランニングになると頭が締め付けられて痛くなってくるという弱点あり。ランニング以外にオフィスで仕事をしながらという使い方をするには、この長時間は装着できないというのは大きなマイナスポイントだったんです。またこの商品は耳に「かける」タイプなのでサングラスと併用するとちょっと使いにくいという面もありました。

 

そんなモヤモヤした気持ちでいる時に見かけたのがこちら、SONYの新商品オープンイヤースタイルイヤホンであるSBH82Dです。

SBH82D | ヘッドホン | ソニー

 

お値段も手頃ということもあり早速ポチってみました。

f:id:bluemt11:20190901204235j:image

 

同梱品はこちら。イヤーピースは3種類。充電はUSB-Cです(付属ケーブルはUSB-AとCの両口で長さは15cmくらいと短めです)。

f:id:bluemt11:20190901204214j:image

 

重量は25.5gと劇的な軽さ。ふにゃふにゃ素材でくるんと丸めて持ち運べます(キャリングポーチは付属していません)。

f:id:bluemt11:20190901204209j:image

 

イヤホン部分。SONYのロゴが入っている部分が耳の下にきます。つまり耳下部に「ひっかける」感じで装着。耳にかけないのでメガネなどと干渉しないのがいいところ(ただし防滴仕様じゃないのでランニングなどには使えないので要注意)。
f:id:bluemt11:20190901213306j:image

 

こちらが左耳側のコントロールユニット。ボリューム調整と真ん中のマルチファンクションボタン。1回押すと再生/停止。2回連続押しで次の曲へスキップ、3回連続押しで前の曲にスキップ。そして長押しで接続しているスマホでSiriやGoogle Assitantが使えます。さらにこのイヤホンは2つのスマホ(もしくはウォークマン)と接続できるのもいいところ。

f:id:bluemt11:20190901213253j:image

 

こちらが右耳側のコントロールユニット。電源On/Offができます。
f:id:bluemt11:20190901213311j:image

 

こちらが装着したところ。ご覧の通り耳下部に引っ掛けるスタイルです。
f:id:bluemt11:20190901204231j:image

 

早速スマホで音楽を再生してみました。
f:id:bluemt11:20190901213301j:image

 

低音域はガツンと来ませんが中高音域はクリア。さすがはSONY、綺麗な音で楽しめます。そしてなにより装着していることを忘れてしまうくらいの軽さ!

 

実際に音楽を聞きながらしばらく家の中で活動をしていましたが、周りのみんなが色々と話をしていることも全部聞こえるし、音楽聴きながらでも全く問題なくコミュニケーション取れます。これは快適。

 

興味がある方、ぜひ店頭で試してみてください。きっと気にいると思いますよ。僕はこれから仕事中にこのイヤホンを使い、音楽を聞きながらリラックスワーキングを極めていきたいと思います。徒歩や自転車での移動中にも周りの音がちゃんと聞き取れるのでいいかもしれませんね〜。