出張族のひとりごと

出張先のオススメ情報とガジェットのお話

土井善晴さんの絵馬

ジェイです。

 

小田原にある報徳二宮神社にて新年に毎年開催されている「有名人慈善絵馬展」。ここ数年ずっと見学していたのですが、いつも見るだけで過ごしてたんですが、今年は一念発起して入札してみることにした。

 

f:id:bluemt11:20180203153503j:plain

 

200展以上の絵馬が出展されていて、見応え充分。気になる絵馬が会場内にあふれています。ルー大柴さんらしいひと言が書かれた絵馬もありましたが、なんだかやっつけ仕事的な仕上がりなのでこちらはパス。

f:id:bluemt11:20180203153535j:plain

 

日産のデザイナーだった園さんの絵馬は無茶苦茶カッコいいベントレー。これも気になったので候補に。

f:id:bluemt11:20180203153559j:plain

 

有馬記念を制したキタサンブラックの調教師、清水さんの絵馬もいい感じ。いやあどれもこれも気になります。

f:id:bluemt11:20180203153633j:plain

 

 

しかし、僕が最終的に選んだのは料理研究家である土井善晴さんの絵馬。

 

「ご飯さえ炊いておけばなんとかなる 家庭料理という命をつくる大仕事」

 

いい言葉じゃないですか!

 

一人暮らしが長かったということもあり、料理をするのは昔から大好きな僕。今でも週末は奥さんに代わって料理をすることも多々あるので、土井善晴さんの一汁一菜の考え方が好きなんですよね。これはぜひ落札したい!ということで入札。落札できたかどうかの発表は、1/20 or 21に着払いで郵送されるとのことだったので、奥さんに「着払いで届くかも!」と伝えて僕はアメリカへ。

 

するとアメリカにいる僕宛に「着払いでなんか届いたで!」と奥さんからLINE。

 

あ!すっかり忘れてた!!でも落札できた!!!

 

帰宅したらちゃんと届いていました。土井善晴さんのスペシャル絵馬。平成30年ってのがいいじゃないですか。

f:id:bluemt11:20180203153721j:plain

家宝にさせていただき、これからも料理に精進したいと思います。嬉しい〜。

 

一汁一菜でよいという提案

一汁一菜でよいという提案

 
土井善晴のレシピ100

土井善晴のレシピ100

 
土井善晴さんちの 名もないおかずの手帖 (講談社のお料理BOOK)

土井善晴さんちの 名もないおかずの手帖 (講談社のお料理BOOK)