出張族のひとりごと

出張先のオススメ情報とガジェットのお話

ラーメンメモ ー英国・ロンドン編

ジェイです。

 

先日の英国出張にてラーメンを2杯食べたジェイさんですが、思い起こしてみると英国出張の機会が増えて以降、それなりの回数ラーメンを食べていたなぁと思ったので、この機会にここにまとめておこうと思い筆を取りました(マックを開きました)。

 

bluemt11.hatenablog.jp

bluemt11.hatenablog.jp

 

 

ちなみに地図で紹介しているのはジェイさんが実際に足を運んだ店舗です。調べていただくと複数店舗があるケースもありますんで、そのあたりはみなさんご自身で行きやすいお店をお調べ下さいませ。

 

さてラーメン記。

 

思い出してみると、人生最初の1杯イン・ロンドンは日本でも人気のあるあのお店一風堂(IPPUDO)でした。

 あの頃は英ポンドに対して今よりもかなり円が安かったので、もともとの価格の高さも相まって、恐ろしい金額を支払った記憶がありますな。

 

味は日本と同じクオリティで、十分に美味しいラーメンでした。チャーシューご飯も美味かったし、KAEDAMA(替玉)もできてナイスだったなあ。

 

次のお店は、ここ最近ロンドンで一番人気のお店と言われている金田家(Kanada-Ya)。こちらも日本のお店がロンドンで出店しているパターン。

 

このお店は人気があるのがものすごくわかる。もうとにかく美味い。細麺も小麦の香り満載でいいし、この丼のど真ん中にどどんともられた肉味噌がもう絶品。遠い海の向こうロンドンでこのクオリティのラーメンが食べられるのは本当に幸せになりますね。このお店は何度か足を運びましたが毎度行列(今回も行こうと思ったけどかなりの行列で断念)。とにかく人気店ですな。

 

ちなみにロンドンにある日系ラーメン店では日本のキリッと冷えたビールが飲めるのも特徴ですね。少し生ぬるいイギリスのビールを飲み続けたあとに飲む冷え冷えのビールは絶品ですぜ。

 

 

次のお店はITTENBARI。残念ながらこのお店は最近閉店しちゃったようですね(Google調べ)。マルコメ味噌とコラボした味噌ラーメンがなかなか美味しかっただけにちょっと残念です。

 

ちなみに日系ラーメン店では、必ずと言っていいほど「KARAAGE(唐揚げ)」がサイドメニューとしてあります。そして必ずと言っていいほど、どのお店の唐揚げも美味い。フライドチキンではなく、いわゆる日本の唐揚げなんですよ。お腹とお財布に余裕があれば、これは必ず食べて見る価値アリですぜ。

 

もちろん日本のビールもね ;)

 

この記事で最後に紹介するお店はSHORYUです。このお店がロンドンでは一番店舗展開しているようですよ。

 

こちらも日本のお店がロンドンで展開しているようで、本格的なとんこつラーメンが食べられます。文句なし。激ウマ。

 

鉄板餃子も美味かったですわ。柚子胡椒がついてくるので、頬張るたびに遠く海の向こうの我が故郷(日本)を思い出して涙ぐんでしまったような記憶があります。定かではないですが。

 

先にも書きましたが、ロンドンは世界の食文化が集まる大きな街なので、日本品質(日本と同じ味付け・スタイル)のラーメンを結構気軽に食べることができます。

 

でも、もともとも値段設定がかなり高いこともあるし(おそらく日本食に対しての付加価値的なものもあるのかな?と想像してます)、そこに英ポンドー日本円への変換に為替がどどんと掛け合わされるので、1杯のラーメンがとんでもない値段に。

 

平均するとだいたい2000円位ですかね。日本だと7−800円位で食べられることを考えるとやっぱり高いのが玉に瑕。

 

でも、日本食にインスパイアされた日本人がやっていない日本「風」料理店で、出汁なしの和食的なものを食べて絶叫するくらいなら、少し高くても日本品質のラーメンを食べてみるのがいいかなあって思います。

 

まあ、住んでいる訳ではないので、あとちょっと我慢して日本で食べればいいじゃんっていうコメントは無しでお願いしますね。