ジェイ散歩 -出張族のひとりごと

出張観光・ランニング・料理・ガジェットのお話

英国出張 -ロンドン半日ぶらり散歩

ジェイです。

 

毎年恒例の弊社グローバルミーティングに参加するため今年も夏のイギリスへやってきました。今年はヨーロッパ各所に熱波が襲っているという報道を見かけていたのでちょっと心配しながらの出発。今回も最近お世話になる機会が多い羽田を深夜に出発するJL41便を選択しました。

 

羽田空港に22:30頃に到着してチェックイン。エコノミー側は長蛇の列ができていましたが、こういう時にプライオリティチェックインカウンターを使える喜びを感じますね。ありがたや。

 

免税店でちょっとお買い物をして即ラウンジに。しかし4Fは激混みで座る場所の確保が難しそうだったので一旦5Fに席を確保してビールで一息。

f:id:bluemt11:20190803235112j:image

 

その後少しラウンジ内が空いてきたタイミングを見計らっって4Fに移動して念願のビーフカレーライス。以前も書きましたがANAのラウンジで供されるチキンカレーよりもJALのラウンジで供されるビーフカレーの方が圧倒的に美味いです(個人的感想)。でも麺類の充実度はANAが圧勝。甲乙付けがたいところですね。ちなみに今回は「冷静コーンスープ」が大当たりでした。ものすごく美味かった。

f:id:bluemt11:20190803234804j:image

 

搭乗開始は1:35。今夏時間まで起きていることは滅多にないからものすごく眠い。でもこのフライトは機内食提供が離陸から8時間後ということで乗り込んでしまえば心置きなく眠れるのがよいのです。今回も12時間半のフライトのうち、途切れ途切れではありますが10時間は眠れました。気持ち的にはスッキリだけど身体的には辛いのが玉に瑕だけど。。

 

ってことでロンドン・ヒースロー空港に無事到着です。今年の5月か6月から、UK Borderの入国審査に自動化ゲートが投入され日本国パスポートホルダーはそちらの新しいゲートを使えることになってます。導入後はじめての渡英でしたが、以前までは45分〜1時間はかかるのが当たり前だった入国審査がなんとおよそ2分!!これは超画期的な変更です。現地着が午前6時過ぎということもあったかもしれませんが、混雑する時間帯でもこれなら気持ちよく入国できそうですよ。超朗報!!

 

無事に入国をしてさっそく一服。気温20度、湿度は低めで日陰だとちょっと肌寒いくらいのお天気。過ごしやすさ満点です。熱波を心配していたけどこれなら大丈夫そうですね。

f:id:bluemt11:20190803235510j:image
f:id:bluemt11:20190803235248j:image

 

さっそくヒースローエクスプレスでパディントン駅へ移動。こちらで荷物を預けてロンドン半日ぶらり散歩スタートです。
f:id:bluemt11:20190803235032j:image
f:id:bluemt11:20190803234843j:image
f:id:bluemt11:20190803235536j:image

 

機内で凝り固まった身体をほぐすためにハイドパークをお散歩。午前7時半、ものすごく清々しい。
f:id:bluemt11:20190803235020j:image
f:id:bluemt11:20190803234930j:image

 

一緒に散歩していたパートナー企業のおじさんが「うん○漏れそう」と60を手前に人間の尊厳を失いかねない状況に陥ったようなのでナイツブリッジのスタバで小休止。コーヒーとパンはご馳走していただきました。
f:id:bluemt11:20190803235242j:image

 

人間の尊厳を保つこともできたのでしばし街をぶらり。ロンドン全般に言えることだけど街のどこを切り取っても絵になるのがすごい。フォトジェニックシティ・ロンドンです。
f:id:bluemt11:20190803235518j:image

 

言わずと知れた高級百貨店ハロッズ

f:id:bluemt11:20190803234748j:image

 

ハイドパークで少々歩き疲れたのでここからは地下鉄で移動。まずはKnightsbridgeからピカデリー線に乗ってGreen Parkでジュビリー線に乗り換え、そしてLondon Bridgeで下車。
f:id:bluemt11:20190803235118j:image

 

ヘイズガレリアというモールを抜けてテムズ川沿いを散歩。Tower Hill側(テムズ川対岸)はかなりの人出で特にロンドン塔に入るために並ぶ長蛇の列ができているようでしたがこちらは幸いあちらに比べるとかなりのんびりムード。X100Fでのスナップショット撮影に精が出ます。
f:id:bluemt11:20190803235028j:image
f:id:bluemt11:20190803235424j:image
f:id:bluemt11:20190803234534j:image
f:id:bluemt11:20190803235233j:image
f:id:bluemt11:20190803235222j:image

 

みなさんこれがロンドンブリッジだと思い込んでいるケースが多いようですが、これはタワーブリッジ。でもロンドン橋の歌があるせいでみんなこの橋が歌で有名なアレだって思っちゃうんでしょうね。僕も以前はそう思い込んでいました。

f:id:bluemt11:20190803235046j:image

 

テムズ川から眺めるシティの高層ビル群と巡洋艦ベルファスト
f:id:bluemt11:20190803235541j:image

 

上半身裸でランニングするちょっと小さめのボブサップ
f:id:bluemt11:20190803234942j:image

 

こちらが正真正銘のロンドンブリッジです。なんてことない橋です。これだったら落ちちゃっても「まあ仕方ないな」って思っちゃいそう。
f:id:bluemt11:20190803235457j:image

 

こちらがザ・シャードという高層ビル。展望台に登っちゃおうかな〜って思って調べたら£30くらいするみたいなんでやめました(高い)。
f:id:bluemt11:20190803234622j:image
f:id:bluemt11:20190803234554j:image

 

ぶらり散歩も終盤。ジュビリー線とノーザン線を乗り継いでTottenham Court Roadへ。僕の大好きな大型書店Foylesを目指します。
f:id:bluemt11:20190803235147j:image

 

店内に入るとすぐのところで「日本特集」ワゴン。絵文字についての本が気になりました。
f:id:bluemt11:20190803235356j:image
f:id:bluemt11:20190803235504j:image

 

SFコーナーに行ったらここ最近話題沸騰の中国発のSF「三体」という本の英語版あり(The Three-Body Problem)。翻訳版は買おうかな〜と散々悩んだけど見送りました。きっと読みきれないので・・。
f:id:bluemt11:20190803235600j:image

三体

三体

 

 

Foylesを後にしてCovent Gardenまでぶらり。The Palace Theaterのハリーポッター。娘たちに見せたら大興奮なんだろうなあ。
f:id:bluemt11:20190803235449j:image

 

ランチはお気に入りのステーキハウス”Flat Iron”で。正午開店ということで10分前に付けたので3組目で入店できました。よかったよかった。
f:id:bluemt11:20190803234914j:image

 

ここのお店はこのステーキナイフが可愛らしくて良い。
f:id:bluemt11:20190803235200j:image

 

今回はサーロイン(200g)を注文。サイドはフレッシュトマト、クリームスピナッチ(ほうれん草)、フレンチフライ、グリーンサラダと大盤振る舞いで注文。ステーキがジューシーでものすごく美味い。ほんとこのお店のステーキは最高です。ロンドンに来られる機会があったら是非行ってみてください。Covent Garden以外にKing’s CrossやLondon Bridgeなどにもお店があるようなのでググってね。
f:id:bluemt11:20190803235206j:image
f:id:bluemt11:20190803235528j:image

 

食後のお楽しみはアイスクリーム。食事をした人みんな1ついただけます。以前はレシートを見せると貰えたのですが、あらたにこのお店のシンボルであるステーキナイフのミニチュアとの交換になったようです。
f:id:bluemt11:20190803234955j:image

 

塩キャラメルアイスのチョコレートがけ。激ウマ。
f:id:bluemt11:20190803235103j:image

 

アイスクリームを食べながらコヴェントガーデンをぶらり。土曜日のコヴェントガーデンはとても賑わっていて何を見ても楽しい。
f:id:bluemt11:20190803234702j:image
f:id:bluemt11:20190803235052j:image

 

路上ミュージシャンも絵になりますね。素敵な歌声でした。
f:id:bluemt11:20190803235156j:image

 

そのままぶらりピカデリーサーカスを目指して出発。途中トラファルガー広場で一服。
f:id:bluemt11:20190803235550j:image

 

ピカチュウに遭遇。ちょっとブサイク?
f:id:bluemt11:20190803235007j:image

 

いい陽気なので子供達も大はしゃぎ。
f:id:bluemt11:20190803235038j:image

 

ナショナルギャラリーをバックに。ヨーロッパに来るとみんな普通にいろんなところに座って寛いでいるけどそれがまたいい感じなんですよね。日本だとこうはいかないなって思います。なんでだろう?
f:id:bluemt11:20190803234817j:image

 

ピカデリーサーカス。何度来ても飽きない眺め。

f:id:bluemt11:20190803234614j:image
f:id:bluemt11:20190803235547j:image

 

ここから地下鉄ベーカールー線に乗ってPaddingtonに戻りました。

f:id:bluemt11:20190803235415j:image

 

車中見かけた素敵なTシャツ。どこで売っているのか聞きたかったけど聞けず。これ欲しい。

f:id:bluemt11:20190803235128j:image

 

そんなこんなで約半日のロンドンぶらり散歩終了です。一旦空港に戻ってお客さんと合流し、日曜日から2日間開催されるゴルフイベントに参加するためLutonまで移動です。ゴルフ、そしてゴルフ場でのランニングが楽しみだなあ。

 

ちなみに今回の記事に使っている写真は富士フィルムX100Fで撮影したものです(一部iPhone Xで撮影した写真も混じってます)。このカメラ、じっくり撮影するとものすごくいい。本当はもっとじっくり設定をいじりながら撮れるとさらにいいんだろうけど、最低限でも好みの設定をしておけば素晴らしい写真が撮影できます。ちょっと大ぶりだけどその分ホールド感もあるのでオススメです。

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S

FUJIFILM デジタルカメラ X100F シルバー X100F-S